So-net無料ブログ作成

FXの負けをこれ以上増やさない方法とは!! [FX知識]

チャート.JPG

FXで「損する状況」とはどのようなことを示すのでしょう。

それは「感情」、つまり「欲」と「不安」に振り回されているとき。

一般的な投資家の感情として、利益を早く確定したいという「欲」から早い利食いを行って利益を少なくし、損を実現したくないという「不安」から遅い損切りを行って損失を大きくする傾向があります。

このように感情に囚われて取引すると、細かな相場の動きで一喜一憂し、いつしか冷静な判断ができなくなって気づいたら大損してしまうことになります。

もっと余裕を持って大きく構えましょう!!

FXは株式市場と違って、企業が倒産して投資金額が0円になることはありません。
また、銘柄数も株のように数多くないのでどの銘柄にするか迷うことはありません

過去の推移を見てください。
上ったり下がったり繰り返しています。

もし、このドル高円安相場に取り残されてドル売りのポジションを持っている。
なおかつ、決済できずずるずるとマイナスを拡大されている場合にこれ以上負けを増やさない方法があります。

逆張りです。
マイナスのポジションと同額の逆張りでこれ以上のマイナスはでません。

そんなことはわかっていると言われそうですが、もし資金があれば是非やってみてください。

「欲」と「不安」に振り回されなくなります。
一度冷静になり落ち着いて、市場を見てみましょう。

そして、上限を見極めたうえで逆張りポジションを決済して値が戻ってきたところでドル売りの決済を行ってください。

ドル円はもともとドル安円高になりだすと、ものすごいスピードで下がります。
なぜなら円キャリー取引が多いので、世界で何かが起こると取引を手控えるからです。
一斉に円売りがなくなるので、一気に円高になります。

ただし逆張りしていても、マイナスポジションの金額が大きくなれば証拠金%の関係で追証がくる可能性はありますが…
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。