So-net無料ブログ作成

1日の中で、値動きしやすい時間帯は?! [FX知識]

24時間取引が行われている外国為替市場ですが、一般的に毎日値動きがしやすい時間帯が決まっています。

大きく動くタイミングは3つ

1つめは、 東京仲値決定の時間。
東京時間での朝10時になります。 この時間はインターバンク市場が顧客取引とのレート決定の時間となります。
この東京仲値決定は、ゴトウ日と呼ばれる日、5の倍数の日の仲値決定時が大きく動きます。
これは、輸出企業などの大手の決済が多くなるために大きく動き易いといわれています。
ドル円でしたらドル高になる傾向があります。

2つめは、ニューヨークオプションカットの時間帯。
東京時間で23時の時間で値が動き易くなっています。
ニューヨークでの通貨オプション取引の権利行使期限となっていますので、 東京仲値決定の際と同様に値が動き易くなっています。

3つめは、ロンドン・フィキシングの時間帯。
東京時間で23時の時間で値が動き易くなっています。
金のスポット価格決定の時間で、このタイミングで大口の取引が行われることが多く、世界最大の取引市場を背景に一番値が動きやすい時間帯です。

この3つの時間帯を、 頭の片隅に入れておきFXで取引をする際の参考及び少し注意して見てみて下さい。
また注意するだけではなく逆にチャンスとなりますので、 この時間帯の前にどちらに動くか予想をして取引をすすめるのも手ですね。




【各市場の為替取引時間と値動きしやすい時間帯】
    上 夏時間
    下 冬時間
為替取引時間 3大重要時間帯
ウェリントン 04:00~14:00
05:00~15:00
シドニー 06:00~16:00
07:00~17:00
東京 07:00~17:00
08:00~18:00
東京仲値
09:55
香港・シンガポール 08:00~18:00
09:00~19:00
フランクフルト 14:00~01:00
15:00~02:00
ロンドン 15:00~02:00
16:00~03:00
ロンドンフィキシング
24:00
25:00
ニューヨーク 20:00~06:00
21:00~07:00
ニューヨークオプションカット
23:00
24:00

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。